今日から始める後縦靱帯骨化症治療~早期発見・即効完治

医者

後縦靱帯骨化症とは

神経の圧迫によって発生する後縦靱帯骨化症の状態は治療する事で改善できます。コチラで病院一覧を探すことができますよ。

医療費助成対象の難病です

医者

後縦靱帯骨化症とは、脊髄の腹側にある後縦靭帯と呼ばれるものが肥大しなおかつ骨化することによって脊髄を圧迫していくようになる病気です。脊髄には重要な神経が通っており、後縦靱帯骨化症によって神経根が押され運動障害や感覚障害などの神経症状が起ってしまいます。主な症状として特定の身体の部位にしびれが現れます。歩行に支障が出てくることもあり、強い外傷を受けた場合には四肢麻痺などの重度の症状になることもあります。頸椎・胸椎・腰椎と発生する部位にも違いがあります。 原因は解明されておらず、治療も手術を行わない場合と、行う場合とあり症状の重さで変わってきます。 後縦靱帯骨化症は、指定難病となっているので医療費の助成対象となります。

なりやすい人となってしまった場合

靱帯の骨化はレントゲンによって見つかることが多いですが、その後必ずしも症状が現れるわけではありません。 発症する方の特徴としては50歳前後で発症する方が多く、男性の発症率は女性の2倍です。糖尿病や肥満を患っている方が発症する頻度が多くなっています。遺伝する傾向も強くその確率も30%もあるため、家族に後縦靱帯骨化症を発症した方がいる場合は注意が必要です。 発症が確認された場合は、何をおいても転倒に気を付ける必要があります。外部からの強い衝撃で重症化するものなので、細心の注意を払わなけれないけません。お酒などで酔った場合にも転倒の危険性は高まるので注意です。転倒以外でも、マッサージや整体などで首への強い力がかかることは避けた方が良いです。

伊丹で小児科をお探しならこちらがおすすめです。優しい医師が対応してくれますのでお子様が嫌がること無く通うことが出来ますよ。

がんの転移

医者

がんの転移の取り組みですけど、日々技術力の向上を行っています。医療界全体で行っていますので、今後期待が持てます。また、これからもがんを発症する人は、多く出てくる可能性が高く、身近な存在になります。

Read More

大腸がん

医者

転移した大腸がんの治療で最近始められているのが、分子免疫治療です。この治療は、がん細胞の死滅を促すといった新しいアプローチで治療を行なうことが出来ます。他の治療では改善が見込めないケースでも希望が持てます。

Read More

胃がんの知識

医者

胃がんは早期発見するのが難しく、気づいた時にはリンパ節に転移していることもある。そのため、普段の生活においておかしな症状を感じたら、早めに病院に行き診断することが必要です。

Read More